秋の光になって

画像

秋の光になってお出かけが楽しくなりました。昨日はカフェオレンジでお友達になった東京在住のCさんと吉祥寺散歩の日。まずはCさんおすすめのカフェアマルへ。のんびりゆったりした雰囲気でアンティークの扱いもおもしろい素敵なカフェです。写真は窓の外を翔んでいるチョウチョたち!テグスで吊ってあるのですが、ふわふわと揺れて一つの風景になっていました。





画像

こちらが日替わりランチ。チキンのシチューがスパイシィでとても美味しくて。おしゃべりを楽しみながらゆっくりいただくランチって「シアワセ」の味がします。






画像

食事のあとは吉祥寺のお店めぐり。まずはギャラリーフェヴへ。平松なつこさんの洋服展があっていました。平松さんの作品集は以前書店で見たことがありましたが、ご本人はとてもやさしい物腰の素敵な方でした。裁ち方や重ね方が独特なシンプルなお洋服は美しいラインがポイントでしょう。平松さんが北欧で買っていらした小物の中から木のバターナイフ、小さなボトル、そして赤いクリップを求めました。





画像

続いて輸入小物の「SIGNA」へ。こちらも北欧テイストのものがモダンにディスプレイされていて気持ちのよい空間です。写真はドイツの切り絵カード。その緻密さにため息がでます。
それから絵本屋さん「おばあちゃんの玉手箱」で絵本やおもちゃを楽しんでそろそろティータイム。





画像

前にもご紹介しました「横尾」でお茶をいただいきました。Cさんもタミゼのファンでいらしたとのことでこのカフェのムードを喜んでくださいました。写真はCさんオーダーのフラワーフレーバーティーです。その装い方がすてきですね。小さな角砂糖や添えられた細い木のスプーンも愛らしくて。




画像

本やデザインの話で時間を忘れてふと振り返ると「まあ、きれい!」。黄昏時の横尾の窓の景色です。とてもきれいな色あいで。





画像

昼間の光で見る店内とは全く違った表情が面白くて。






画像

「そろそろ帰りましょうか」と後ろのテーブルを見てとてもうれしくなってしまいました。テーブルの上に置かれた細長い籠は、映画『ミス・ポター』でビアトリクスが絵筆を入れていた籠にそっくりなのですもの。こんな小さな出会いや喜びをともに分かち合える友達がいてくれることに感謝しつつお店を後にしました。秋の光になって街が趣きを変えて行くこの季節の散歩は新しい発見の多いものになります。皆様も散歩を楽しんでみられてくださいませ。
カフェアマル:http://www.good24.jp/shop/f765.html
フェヴ:http://www.hikita-feve.com/
SIGNA:http://www.signa.co.jp/signaset.html
おばあちゃんの玉手箱:http://obatama.com/
横尾:http://www.sidetail.com/cafe-index.html







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年10月14日 22:08
すべてがツボでした(^^)
私と同じ星のめぐりを持つCさん
懐かしい空気を感じたのはそのせいかしら・・・、私もそこに混ざりたくなりました^^
2007年10月14日 22:22
なんて緻密な切り絵のカード♪

秋は、外出が楽しくなりますね。
2007年10月14日 22:24
どこへ行っても「grisさんが喜びそう!」を連発していた二人でした。是非ご一緒いたしましょう!お待ちしています!
2007年10月14日 22:27
さつきさんも切り絵のことをよくブログでご紹介されていますね。こんなファンタジックな切り絵も素敵ですね。
2007年10月19日 01:22
本当にポターの筆入れに似ていますね♪!!インクのついビアトリクスの指であのバスケットの蓋を開けるのを想い出しました。本当に素敵な籠でしたよね。
2007年10月19日 01:34
映画が大好きでいらっしゃるマリーさんですもの、やはり『ミス・ポター』をご覧になられたのですね。そう、あの籠です。大小様々な筆が入れられていた、ビアトリクスの大切な籠に本当に似ていますね。それで何だかとても嬉しくなってしまったのです。