Merci Lapin

アクセスカウンタ

zoom RSS 「秋色庵 大坂家」 母の足跡

<<   作成日時 : 2008/06/13 09:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

三男が三田の「秋色庵 大坂家」から織部饅頭を買ってきてくれました。
ここは母が通った和菓子屋です。
池田弥三郎さんのファンだった母は、折口信夫氏が弟子であった池田氏や戸板康二氏を伴ってよく訪れたというこの店を深く敬愛していました。







画像

しおりも江戸情緒を漂わせて。
30年ぶりの対面にドキドキでした。







画像

ほら、きれいなお饅頭です。
かわりませんね。
いただきます!

息子たちは私が結婚する前に他界した母を知りません。
最近「どんな人だったの?」とよく尋ねられます。
その折に語るのは断然食べ物のこと。
とにかく美しくて美味しいものが大好きな人でしたから。
そんな母の足跡を今同じ東京で息子たちがたどってくれています。
なんて幸せなばあちゃんだろう…、ねえ、かあさん。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
思い出のお菓子なんですね^^
とても美味しそうです!今思えばこんなに色々なお菓子があるのに太古の昔、茶道を習っていた際のお菓子はいつも干菓子(当時は子供なので嫌い)か温泉饅頭の茶色いのしか出てこなかったような記憶です♪ケーキは2個も3個も食べられないけれど和菓子はいけちゃいますね!息子さんたちにもおばあちゃんとの思い出があればなおのこと良かったでしょうね!でもいつもお話を伺って本当に素敵な息子さんたちだなぁ〜って本当に思います!過去は伝承していかないと途切れますよね。
garou
2008/06/14 03:08
garouさん、お茶もたしなまれて。
いいですね。
過去の伝承、大切だと思います。
自分を産み出したル−ツを知ってしっかりと生きるってすごく大事だと思います。
ラパン
2008/06/14 07:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
「秋色庵 大坂家」 母の足跡 Merci Lapin/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる