アクセスカウンタ

<<  2008年6月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
薔薇と猫
薔薇と猫 ベランダの薔薇が雨にうたれていましたので切ってボトルに生けました。 ヴィオラがちらりとこちらを見て。 「私と薔薇とどちらがきれい?」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/06/30 07:24
本の仲間に出会う 
本の仲間に出会う  Coyote編集長、SWITCH発行人の新井敏記氏主催の読書会「クリエイティブ・ライティング」講座に参加しています。 遠くは四国や大阪から集まった「本好き」のメンバー約40名が、新井氏のリードで本への思いを綴り、そして語り合う講座です。 2週間前のオリエンテーション以来、ずっと幸福な気持ちを抱いて迎えた1回目の本格的な講座。 「この2週間何をしていましたか?」という新井氏の質問に皆一様に「オリエンテーション以来とても気持ちが高揚して」と話していらしたのが印象的でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/29 11:09
カフェ「ひなぎく」 荻窪
カフェ「ひなぎく」 荻窪 荻窪に9月に閉店予定の素敵なカフェがあると知ってでかけました。 お店の名前は「ひなぎく」。 やさしい名前どおりとても静かなお店でした。 目の前を中央線が通っているにもかかわらず、心が落ち着いて。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/28 08:42
夏を届ける STAIN
夏を届ける STAIN 夏の気配が濃くなると身の周りにも触ったら冷たいもの、見た目に涼しげなものを置きたくなりますね。 今回のSTAINさんへの納品はそんな夏向きのアンティークになりました。 写真はイギリスの小ぶりなボウル。 テーブルの上に置くだけで爽やかな雰囲気に。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/27 06:56
ニースの風
ニースの風 熊本での個展を無事に終えられて上京された山本さんと青山を散策しました。 渡仏される前にお会いして約1年ぶりのおしゃべり。 楽しい時間です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/06/26 08:13
デュークの子育て
デュークの子育て カラスのデュークが子育ての真っ最中です。 近くのもみの木に巣があるのですが、2羽の子どもたちが最近飛ぶ練習を開始、電線デビューも無事果たしました。 電柱の上にデューク、左側電線上の小さな黒いかたまりが子どもです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/06/25 09:17
花の時間 6
花の時間 6 教室に入ったとたんにむせかえるような薔薇の香りに圧倒されました。 「gente」のアレンジメントレッスン6回目は「ラウンドブーケ」。 手に持つための花束のアレンジです。 左の白いポールの上についているまるいオアシスにさしてゆきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/06/24 07:24
友の銀婚式
友の銀婚式 大学時代の友人から手紙が届きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/23 08:44
心しずかにものとむきあう  limArt & Ecriture 
心しずかにものとむきあう  limArt & Ecriture  ずっと訪ねてみたかった「limArt」さんの階上に昨年2月古物とジュエリーの「Ecriture」さんが入られたのを知って伺いました。 場所は恵比寿駅から歩いて10分ほどのところ。 マルタン・マルジェラのメゾンの少し先を入った所です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/22 08:14
薔薇とジャム瓶
薔薇とジャム瓶 咲き続けてくれていた薔薇をアンティークのジャム瓶に生けました。 この組み合わせが大好きです。 フランスのエスプリをしっかり体に刻み込んだジャム瓶は花をシックな世界へ連れて行ってくれます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/21 08:49
Petite Branche というお店
Petite Branche というお店 BonBonParisさんが紹介していらした「Petite Branche」さん。 熊本のかわいい雑貨とアンティークのお店です。 HPを見ていたら通販もしてくださるとのこと。 どうしても欲しかった雑誌がありましたのでオーダーしてみました。 届いた荷物を開いてびっくり! うれしいプレゼントがたくさん。 イニシャルもきちんとご配慮いただき二重の喜びでした。 写真のクロスはハンガリーのデッドストッククロスを「クノクリーフ」さんがキッチンクロスに仕立てられたもの。 お値段も手頃でした... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/06/20 08:38
バスソルトへの思い
バスソルトへの思い バスソルトとの出会いは15年くらい前に見た雑誌の写真でのこと。 それは美しい紙箱に入った布包みのバスソルトでした。 その後アロマテラピ−のお店をやらせていただき、そこで自分でバスソルトを作ることになるとは思ってもいませんでした。 昔見たバスソルトがコテ・バステッド社のものであることを知ったのは去年オルネドフォイユに伺った時でした。 ずっと憧れ続けていたソルトを前にどきどき。 香りはとても複雑で官能的でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/19 11:04
ケーキのある風景
ケーキのある風景 さくらんぼの季節。 吉祥寺の「A.K Labo」を訪ねました。 ここの果物のアレンジはとても魅力的です。 どんなさくらんぼに会えるかしら。 ケーキのある風景はある種の緊張感を含んでいます。 今からいただく味へのワクワクからでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/06/18 08:47
カモミールみたいに  「Fair Fair」Sale
カモミールみたいに  「Fair Fair」Sale 大家さんからカモミールの花束をいただきました。 うれしくて早速ジャグにさして眺めました。 そして「カモミールみたいになれたらいいなあ」と思いました。 「ラベンダーみたいなお店に」と思って始めたアトモスフェール。 今ははや「安らぎ」から「眠り」にその思いが移行して「カモミールみたいなメルシーラパンに」という気持ちです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/06/17 08:51
大江戸骨董市
大江戸骨董市 昨日有楽町国際フォーラムで開催された「大江戸骨董市」に行ってまいりました。 そこで出会ったGIENのC&Sです。 淡いグリーンに繊細なライン、一目で「一緒に帰ろう!」。 この器をいただいた「旅する器」さんはフランス在住のやさしい女性で年1回里帰りをかねて参加されているとのこと。 お手伝いをする坊やたちも愛らしくて。 素敵なものをたくさんお持ちでした。 また来年お会いできたらいいなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/06/16 09:49
お昼寝
お昼寝 暑くなってくるとだんだん大胆になるヴィオラのお昼寝です。 シーツはしわくちゃですね〜。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/06/15 08:37
カフェオレボウルに
カフェオレボウルに カフェオレボウルに小さなオアシスを入れてラナンキュラスを生けてみました。 あふれるように咲く淡いクリーム色の花々を、さあ、召し上がれ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/06/14 08:10
「秋色庵 大坂家」 母の足跡
「秋色庵 大坂家」 母の足跡 三男が三田の「秋色庵 大坂家」から織部饅頭を買ってきてくれました。 ここは母が通った和菓子屋です。 池田弥三郎さんのファンだった母は、折口信夫氏が弟子であった池田氏や戸板康二氏を伴ってよく訪れたというこの店を深く敬愛していました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/13 09:27
マリーシフォンの薔薇
マリーシフォンの薔薇 この薔薇のブローチのおかげで私は皆様と出会うことができたと思っています。 薔薇の作者山本栄子さんはアトモスフェールの産みの親。 博多で「マリーシフォン」というお店をなさったあと、今はフランス人のご主人や二匹の猫ちゃんと一緒にニースにお住まいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/06/12 08:30
古書
古書 先日STAINさんへ古書を発送いたしました。 今回は13冊だけ。 さまざまな顔の本たちです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/11 09:10
贈り物
贈り物 贈り物をいただきました。 とてもうれしい。 熊母さんが大事そうに抱えているのはCream teaさんからいただいたミニほうき。 とてもしなやかで使いやすくて。 レースのアクセントがやさしくて熊母さんのお気に入りです。 テレビ周りやアンティークのほこりはらいに大活躍中です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/06/10 07:28
アンティークとの時間
アンティークとの時間 アンティークフェアから1週間が過ぎ、テンション高めの日々も少しずつ落ち着いてまいりました。 今回のフェアを通して私自身のアンティークへの情熱が足りないことを深く反省、まずは原点にもどるためにもう一度自分のためのコレクションを始めようと思いアンティークショップ巡りを再開しました。 このドールは代官山の「カーブーツ」さんで見初めました。 イギリスからということでしたが、どこかフランス的です。 ドレスはぼろぼろですが、気品のあるお顔はすばらしい。 ドレスはレースでつくりましょうね。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/06/09 07:24
花の時間 5
花の時間 5 genteの5回目のレッスンは「テーブルアレンジメント」。 お料理が主役のテーブルに華やかさを添える脇役のアレンジです。 香りも色も控え目にして、やさしく清潔なイメージでまとめます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/06/08 07:36
人生の微妙なこと
人生の微妙なこと 「ジェーン・オースティンの読書会」を観に参りました。 ストーリーは一人の女性の傷心を慰めるために始められたジェーン・オースティンの長編小説6編の読書会を中心に展開します。 作品に対する意見を交わすたびにある意味で「自分」を表現して行く登場人物たち。 誰もがどこかで必死にまもろうとしているものが見え隠れして。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/07 08:54
紫陽花を忘れることなど
紫陽花を忘れることなど 紫陽花を見ると思い出す女の子がいます。 その子が旅立ってもう2年が過ぎました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/06 07:08
人生の香り
人生の香り 映画「パリ、恋人たちの2日間」を観に参りました。 ジュリー・デルピーが監督、脚本、音楽、編集、主役の5役をつとめた辛口のラブストーリーです。 「恋人までの距離」や「トリコロール 白の愛」などで繊細で透明な美しさをみせていたジュリーが、米仏の文化の違いに揺れる恋心を体当たりで演じています。 フランス語と英語が飛び交い、大胆で奔放なフランス人の恋愛観がきらりとひかります。 笑いどころ満載の大人の映画でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/06/05 07:51
マイガーデン グリーンアイス
マイガーデン グリーンアイス ミニバラ グリーンアイスは思い出のバラです。 3〜4年前でしたでしょうか、水道町の千歳農園さんでこのバラに出会ってお店用に購入。 何人ものお客様から「このバラどこで?」と聞かれて、やがて「あのバラきれいに咲いているわ」とご報告をいただきました。 だんだんどちらの花屋さんでも見かけるようになり水前寺のマンション用にも購入。 引越しの際に従姉の家の庭に地植えしてもらいましたら、今年も見事に咲いているそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/06/04 07:46
カフェ日和 「モンテーニュ通りのカフェ」
カフェ日和 「モンテーニュ通りのカフェ」 実存するパリのカフェ「カフェ・ド・テアトル」を舞台に繰り広げられる人生模様を描いた「モンテーニュ通りのカフェ」を観に参りました。 主役のセシル・ド・フランスは「スパニッシュアパートメント」でエキセントリックな役を見事にこなして輝いていた女優です。 今回はコケッティッシュな女の子をまたしても好演、楽しませてくれました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/06/03 10:50
「好きだから」
「好きだから」 おかげさまで「アンティークフェアin新宿」が無事終了いたしました。 あわただしい中にも多くの喜びと発見があった3日間でした。 お客様との出会いももちろんですが、出店の方たちの仕事への情熱を知ったことも大きな収穫でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/06/02 07:21
巡り逢い
巡り逢い アンティークフェアin新宿の出店者Yさんのピンクの熊ちゃんと、当方の灰色熊君が巡り会って…。 長い月日を別々の場所で過ごしてきたイギリス生まれの二人ですが、これからはYさんの腕の中で一緒に幸せな時を刻むことになりました。 すてきなヴィンテージのセーターを着せてもらってうれしそうな灰色熊君。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/06/01 07:59

<<  2008年6月のブログ記事  >> 

トップへ

Merci Lapin 2008年6月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる