カフェ「ひなぎく」 荻窪

画像

荻窪に9月に閉店予定の素敵なカフェがあると知ってでかけました。
お店の名前は「ひなぎく」。
やさしい名前どおりとても静かなお店でした。
目の前を中央線が通っているにもかかわらず、心が落ち着いて。







画像

オーガニックな素材にこだわったお料理が評判でしたから、その日のライスメニューをオーダー。
トマトベースの野菜たっぷりのソースを玄米にかけたプレートはとても美味でした。







画像

ケーキの盛り合わせもきれいで風味豊かでした。








画像

お店の一角には「海月書林」さんの古書コーナーがあります。
写真は「海月書林」オーナーさんの著書です。
とてもしっかりとした審美眼の持ち主でいらして。






画像

今回はセンダックの「ミリー」を求めました。
懐かしい。
あらためて読むととても深い内容でした。
絵も美しくて。

少しずつ中央線沿線の散歩コースを開拓しています。
個々に強い個性を持つ地域と書店との出会い。
街のもつ魅力を反映させて、それぞれの顔を見せる古書店を巡って古書修業は続きます。



"カフェ「ひなぎく」 荻窪" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。