「秋色庵 大坂家」 母の足跡

三男が三田の「秋色庵 大坂家」から織部饅頭を買ってきてくれました。 ここは母が通った和菓子屋です。 池田弥三郎さんのファンだった母は、折口信夫氏が弟子であった池田氏や戸板康二氏を伴ってよく訪れたというこの店を深く敬愛していました。 しおりも江戸情緒を漂わせて。 30年ぶりの対面にドキドキでした…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マリーシフォンの薔薇

この薔薇のブローチのおかげで私は皆様と出会うことができたと思っています。 薔薇の作者山本栄子さんはアトモスフェールの産みの親。 博多で「マリーシフォン」というお店をなさったあと、今はフランス人のご主人や二匹の猫ちゃんと一緒にニースにお住まいです。 6月13日から15日まで熊本市の橙書店2階ギャラリー…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

古書

先日STAINさんへ古書を発送いたしました。 今回は13冊だけ。 さまざまな顔の本たちです。 いろんな方々が集われるカフェで気軽に手に取っていただけるように選んでみました。 大判の本は次回に発送させていただきます。 今回のイチオシはこの「風の化石」です。 日…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

贈り物

贈り物をいただきました。 とてもうれしい。 熊母さんが大事そうに抱えているのはCream teaさんからいただいたミニほうき。 とてもしなやかで使いやすくて。 レースのアクセントがやさしくて熊母さんのお気に入りです。 テレビ周りやアンティークのほこりはらいに大活躍中です。 これはBonBo…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

アンティークとの時間

アンティークフェアから1週間が過ぎ、テンション高めの日々も少しずつ落ち着いてまいりました。 今回のフェアを通して私自身のアンティークへの情熱が足りないことを深く反省、まずは原点にもどるためにもう一度自分のためのコレクションを始めようと思いアンティークショップ巡りを再開しました。 このドールは代官山の「カーブーツ」さんで見初めまし…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

花の時間 5

genteの5回目のレッスンは「テーブルアレンジメント」。 お料理が主役のテーブルに華やかさを添える脇役のアレンジです。 香りも色も控え目にして、やさしく清潔なイメージでまとめます。 オアシスを使ってこんもりとした形に。 少しずつ異なる色合いの白とグリーンを重ねて陰影を出すのがむずかしくて。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

人生の微妙なこと

「ジェーン・オースティンの読書会」を観に参りました。 ストーリーは一人の女性の傷心を慰めるために始められたジェーン・オースティンの長編小説6編の読書会を中心に展開します。 作品に対する意見を交わすたびにある意味で「自分」を表現して行く登場人物たち。 誰もがどこかで必死にまもろうとしているものが見え隠れして。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more