紫陽花を忘れることなど

紫陽花を見ると思い出す女の子がいます。 その子が旅立ってもう2年が過ぎました。 紫陽花に降る雨のように無垢な心をひたすらに求めた女の子でした。 あまりにもはかなくて、あまりにも一途で。 紫陽花を忘れることなど決してなくて。 あの子は今も細い手を大きく振って笑顔で「お元…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人生の香り

映画「パリ、恋人たちの2日間」を観に参りました。 ジュリー・デルピーが監督、脚本、音楽、編集、主役の5役をつとめた辛口のラブストーリーです。 「恋人までの距離」や「トリコロール 白の愛」などで繊細で透明な美しさをみせていたジュリーが、米仏の文化の違いに揺れる恋心を体当たりで演じています。 フランス語と英語が飛び交い、大胆で奔放…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

マイガーデン グリーンアイス

ミニバラ グリーンアイスは思い出のバラです。 3~4年前でしたでしょうか、水道町の千歳農園さんでこのバラに出会ってお店用に購入。 何人ものお客様から「このバラどこで?」と聞かれて、やがて「あのバラきれいに咲いているわ」とご報告をいただきました。 だんだんどちらの花屋さんでも見かけるようになり水前寺のマンション用にも購入。 引…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

カフェ日和 「モンテーニュ通りのカフェ」

実存するパリのカフェ「カフェ・ド・テアトル」を舞台に繰り広げられる人生模様を描いた「モンテーニュ通りのカフェ」を観に参りました。 主役のセシル・ド・フランスは「スパニッシュアパートメント」でエキセントリックな役を見事にこなして輝いていた女優です。 今回はコケッティッシュな女の子をまたしても好演、楽しませてくれました。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「好きだから」

おかげさまで「アンティークフェアin新宿」が無事終了いたしました。 あわただしい中にも多くの喜びと発見があった3日間でした。 お客様との出会いももちろんですが、出店の方たちの仕事への情熱を知ったことも大きな収穫でした。 毎回買い付けで1トンもの荷物を荷造りしているという若い女性オーナー「Co.la.la…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

巡り逢い

アンティークフェアin新宿の出店者Yさんのピンクの熊ちゃんと、当方の灰色熊君が巡り会って…。 長い月日を別々の場所で過ごしてきたイギリス生まれの二人ですが、これからはYさんの腕の中で一緒に幸せな時を刻むことになりました。 すてきなヴィンテージのセーターを着せてもらってうれしそうな灰色熊君。 「よ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

初日

「アンティークフェアin新宿」の初日がおかげさまで無事終了しました。 写真をたくさん撮りたかったのですが、チラシに会場写真の撮影を控えるようにとの指示がありましたのでこちらでは自分のテリトリーだけのUPになります。 会場全体の様子は「アンティークフェアin新宿」HPの「初日の模様と展示商品のいろいろ」をご覧下さいませ。 当店も…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more