テーマ:ドール

ドールについて

家に居ることになりドールたちと向きあう時間が増えました。久しぶりにゆっくりとドールたちを眺めています。アトモスフェールではたくさんのお客さまにドールを連れ帰っていただきました。多くの皆様といろいろなお話ができて、ドールはたいへん奥深いアイテムでした。今、改めて自分にとって「人形」は大きなテーマであることに想い至っています。おそらく学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちっちゃものさんのブログ

アート展でもお世話になりました「ちっちゃもの」さんのミニチュアワールドがいよいよブログに登場です。ゆっくり少しずつのアップになるそうですが、どうぞご期待くださいませ。ちなみに写真のベビーちゃんは2センチメートルで手足可動。たんなる「かわいい」を越えた職人気質の製作姿勢に拍手、拍手! ちっちゃもの:http://petitmign…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大人になるということ ドールの魅力

高校生だったお客様がデザインを勉強中の学生さんになって訪ねてくださいました。「ブログで閉まると知って」。毎日福岡まで通学して1年。がんばっていらっしゃるんですね。よかった。きりりとしたお嬢さんに成長されてうれしく思いました。よくドールのことでおしゃべりを楽しみましたね。 最近「大人になること」って何かしらと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お休みの前は

休業日の前の夜はお店のディスプレイを少し変えて帰ります。休日にウィンドウをのぞいてくださるお客様にできるだけ楽しんでいただけたらと思って。昨夜はベアちゃんにお椅子に座ってもらいました。 「僕だけここなの?」 「ええ、がんばってね。いい子だから」 「心細いな」 「大丈夫。みんなも一緒よ」 「ちょっと寒…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

あなたに会えてよかった

黄昏時のお店の中。さっきから何やら視線を感じます。じっと目をこらして。声のする方を眺めました。 「ねえ、ねえ」声はだんだん大きくなって。とうとう私は我慢できずに声の方へ歩み寄ります。するとドイツのアンティークベアちゃんと目があいました。 「あなたなのね、私を呼んでいたのは」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私が居る意味を

私が居る意味を考えて。 あなたに会えた意味を考えて。 私がここに居てあなたがそこに居て。 それだけでいいはずだから。 だからこそ私がここに居る意味を考えて。 それは必然の出会いだから、きっと。 私が居る意味を考えて。 あなたが私を必要とする意味を考えて。 あなたがそこに居て私がここに居て。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Madeline Madeline

焦がしバターを使って焼き上げたマドレーヌ。長尾智子さんの「今日のデザート帖」のレシピに一工夫加えたものです。 表面はかりかり香ばしくて中はしっとり。すこしキャラメルの風味のする素朴なマドレーヌ。「Madeline Madeline」と名付けました。 これはもちろん愛しのマド…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ひとときの「生」

ドールは人が対話を始めた時から「生き始め」ます。 「元気だった?」 「ええ」 「春のお洋服に着替えなくっちゃね」 「待っていたの」 「このバレエドレス、色が春の感じで素敵ね」 「もう、春なのね」 「そう、もう春なのよ」 「ひさしぶりに窓辺に立ってみる?」 「ええ、ありがとう」 「いろんな人に挨…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

仲良し

ドールやぬいぐるみは仲良し同士語らうように ディスプレイしています。左はイギリスの1950年代のベア、そして右は1920年代のアメリカのベアです。今年それぞれにやって来た二人はすぐに意気投合していつも楽しそうにおしゃべりをしています。一緒に送っていただいたアンティークレースドイリーを膝掛けにして。 現代…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「人間の子どもへ」

「ねえ、くまさん。このごろ毎日ニュースでは人間の子どもがかわいそうな死に方をしていると伝えているわ」 「そうだね」 「自分で命を断ったり、お母さんに殺されたり」 「本当に痛ましいね」 「どうしてなの」 「きっと周りの大人がオトナになりきれていないからだと思うよ」 「それってどういうことなの」 「今の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「Sweet November」 at my home

「Sweet November」という映画は、キアヌ リーブス とシャリーズ セロンの切ない11月の恋物語でした。ストーリーはあまりにシンプルですが、犬が大切な役を担っていること、インテリアや風景が面白いことで心にとまる映画でした。11月は「終わりのちょっと前」の、何となく「切なさ」が似合う月のような気がします。ところで我が家のオー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「ちっちゃもの」展

このかわいらしい「Bear & Baby」はお客様Iさんの作品です。とてもとても小さな作品です。今ギャラリーカフェ「トト」でボックス展示をされています。クリスマス向けに特別に作られたバージョンもあります。 こちらもIさんの作品。「ピヨピヨ、モニョモニョ」と会話が聞こえてくるようなあたたかい雰囲気が素敵で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元気をだそう!

何か心につかえることがある時はボクを見て! ほら、少し微笑みがうまれたでしょう。あなたはきっと大丈夫。だから元気をだそう!  そうね。きっと人間は楽しいこともたくさん知っているけれど、つらいこともそれなりにあるのよね。だから私たち、「元気」を思い出すお手伝いをしたいの。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

秋のドール

日差しが変わって秋の色が映えるようになりました。先日Nさんが作って来てくださったハローウィン用のコスチュームで窓辺に立つBlythe。オレンジ色が「秋」を誘います。 ベッツィもおすましで少し大人びた秋のムードに染まりました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ライリーちゃんのお話

アメリカのドール作家ヘレンキッシュデザインのライリーちゃんです。お客様Sさんのお人形。アメリカで映画のお仕事をしていらっしゃる息子さんのお土産です。着ているお洋服は他のドール用のものをコーディネートされて、帽子は手作り。とてもキュートなライリーちゃんになりました。「かわいい!」の一言です。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

こんにちは、Heidi Ottです!

こんにちは、Heidi Ottです。スイスから来ました。九州ではこのアトモスフェールが初めてのショップになります。私の身長は12センチくらい。12分の1のドールハウスにぴったりの大きさです。どうぞよろしくお願いします。少し緊張して記念撮影をしました。 私たちの仲間です。早速ポ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Only for You

その人だけのためにdollが息をしている。 そんな出会いに時々立ち会います。他の人には伝わらないテレパシーをその人だけに向けて発しながら、ドールは静かにその人の視線が自分の上で止まるのを待っているのです。 やがてその人のもとへ連れ帰られる幸運を得たdollは、その人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

響き合う輝き

氷の中に嬉しい想いを閉じ込めたら、こんな風になるかしら。 ほのかに幸せな色、ほのかに清々しい色。 お客様からいただいた美しい和菓子をポーランドの素朴なグラスに入れました。 輝きが響き合ってとても幻想的な雰囲気です。 透明なもの同士が重なってさらに透き通っていくよ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

卒業

「今日はここのお兄ちゃんの高校の卒業式なの。なんだか少し大人になる日なんですって」 「そうなのね。人間って時間をかけて大人になっていくのね」 「私たちは生まれたときから大人なのに」 「そう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

真夜中に

とても寒い夜です。うさぎくんは窓のそばで一人震えていました。 「ねぇ、きつねくん。まだ、起きてるの」 「あぁ」 「寒くない?」 「大丈夫だよ」 「そばに行ってあたためてあげようか」 きつねくんは目をあけました。小さなうさぎくんが一段と小さく見える夜でした。 「そうだね、少し冷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パッツィちゃんのお茶会

アメリカ生まれのパッツィちゃんはとてもクラッシックなお人形。 小さな体でちょこりとおすわり。お茶会の始まりです。 昨日サンパウロから届いた薔薇のポットとプレートに歓迎のご挨拶。 美しい薔薇です。 昔オーストリアで咲いたこの薔薇の花は大西洋を渡りブラジルヘ。 そこでやさしいおじいさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おばあちゃんの着物 ジッゾさんのお正月

ブライスそろい踏み。 お隣のブティックジッゾさんのブライスたちです。 みんな晴れ着が似合って華やかなお正月です。 店長さんのお母様のお手製の着物が本当にすてきです。 1針1針丁寧に縫われた着物は帯との柄合わせも「さすが」のセンス。 ほれぼれしてしまいます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Happy New Year!

あけましておめでとうございます。 本年もアトモスフェールをどうぞよろしくお願いいたします。 皆様にとりまして2006年が幸せな1年になりますよう心より祈念申し上げます。 4年めを迎えて、アトモスフェールもさらなる飛躍をめざします。 気持ちを引き締めてやってま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

秘蔵っこ

私の秘蔵っこです。 私が創った人形ですが、いつしか人形が私を支えてくれるようになりました。 「なにかあったの」 「ええ」 「だいじょうぶ、なんとかなるわ、きっと」 「そうね、きっとなんとかなるわよね」 彼女も私の秘蔵っこです。 「飲んでるのね」 「え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Merry Christmas!

皆様のクリスマスが輝いていますように! Merry Christmas! いつもブログを読んでくださるみなさまに感謝をこめて。 Merry Christmas! これからもよろしくの気持ちをこめて。 Merr…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Merry Blythe!

Merry Christmas!今夜はイヴです。皆様いかがおすごしですか。 私は平井堅のDVDを横目で見ながら、ワイン片手にパソコンに向かっています。 ほろ酔い気分でごめんなさいませ。 先日東京銀座三越のウィンドウでブライスに出会いました。少しオスマシのブライスたちです。 お客様が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Geneの季節

雪の季節になりました。 指先がかじかんで、マフラーに頬をうずめます。 でもこの時季こそGeneの季節。 彼女は丁寧に仕立てられたドレスに身をつつみ、 凛として通りを見つめます。 おそれを知らない女王の風格で、 Geneはこの一年を見送るのです。 お人形は不思議…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「あなたに逢いたくて」

ずいぶん寒くなりました。 僕はあなたに逢いたくて ここであなたを待っています。 踊子たちのドレスが少しだけ揺れて、 天上で奏でられる音楽が あなたのもとにも届いていますように。 僕の仲間たち…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

森のクリスマス

森のクリスマス、 カワイイちいさなクリスマスマーチ、 テレビの上にも雪が降ります。 彼らと出会ったのは、近所の花屋さんでした。 なんて素敵なデザイン。 松ぼっくりや木の葉をあしらった姿の彼らは みな3センチくらいのミニミニサイズ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

This is Blythe.

昔観た『ひまわり』という映画の中でロシアの娘役を演じていた女優の瞳が忘れられません。 見つめられれば見つめられるほどその瞳は澄んでゆき、まるで心をうつす鏡のようでした。 この人形はBlythe。 でも、今日はどこかそのロシアの娘のよう。 先日聴いた『カチューシャの唄』を思い出しました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more