テーマ:薔薇

薔薇と猫

ベランダの薔薇が雨にうたれていましたので切ってボトルに生けました。 ヴィオラがちらりとこちらを見て。 「私と薔薇とどちらがきれい?」 「もちろんあなたよ」 そう答えながら思ったのでした。 美しいけれども気位が高くて棘があるところは薔薇も猫も似ているわ。 雨に濡れた薔…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

花の時間 6

教室に入ったとたんにむせかえるような薔薇の香りに圧倒されました。 「gente」のアレンジメントレッスン6回目は「ラウンドブーケ」。 手に持つための花束のアレンジです。 左の白いポールの上についているまるいオアシスにさしてゆきます。 集中すること1時間。 写真のようなアレンジができあがりました。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

薔薇とジャム瓶

咲き続けてくれていた薔薇をアンティークのジャム瓶に生けました。 この組み合わせが大好きです。 フランスのエスプリをしっかり体に刻み込んだジャム瓶は花をシックな世界へ連れて行ってくれます。 静かに光とガラスがとけあって。 花もガラスの輝きをまとってうれしそうです。 ラストス…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マリーシフォンの薔薇

この薔薇のブローチのおかげで私は皆様と出会うことができたと思っています。 薔薇の作者山本栄子さんはアトモスフェールの産みの親。 博多で「マリーシフォン」というお店をなさったあと、今はフランス人のご主人や二匹の猫ちゃんと一緒にニースにお住まいです。 6月13日から15日まで熊本市の橙書店2階ギャラリー…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

薔薇に酔う 『ルドゥーテ展 薔薇空間』

雨上がりの渋谷Bunkamuraにルドゥーテ展『薔薇空間』を観に参りました。 『バラ図譜』の薔薇たちは、みなさんの身近にあるもの。 「ああこの薔薇の絵は知っているわ」という方が多いと思います。 今回はフォリオ判全169作品が日本に初登場。 会場は美しい薔薇に包まれていました。 ルドゥーテは約200年…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

マイガーデン たそがれ

黄昏時、空の色と薔薇の色が同じになって行く時間です。 昼間よりもいちだんと深い色にそまって。 お砂糖菓子のような花びらです。 うれしくて見とれてしまいます。 このところ暇さえあればベランダの花々を眺めて暮らして…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

おかえりなさい

昨日STAINさんから荷物が届きました。預かっていただいていたアンティークの中から5月のフェアやネットショップのためのお品物をセレクトして送っていただいたのです。 STAINさんには古書もおねがいするようになり、少しずつSTAINさんのカラーに合わせさせていただくのに丁度よいタイミングだとも思いました。お忙しいなかをたいへん丁寧に…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

薔薇の季節

手つかずのまましまっておいた箱から少しずつアンティークを取り出して整理をしています。 これは引き出しの引き手の薔薇とわすれな草。 薔薇はやはり永遠のテーマ。 フランスのお茶用のキャニスターの小さな薔薇。 薔薇の香りの紅茶がお似合いでしょうか。 そして昨日買い物のついでに立…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

憧れ

手の平にのるような小さな箱です。 色もデザインもとろけるようです。 蓋を開けると。 2cm足らずの小さなチョコレートが入っています。 「メサージュ・ド・ローズ」の「ミニローズ」。 ながめているだけでも愛らしいのに、お味がとても奥深いチョコレートです。 「…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

薔薇の花

ベランダの薔薇を切って「追われる鹿」が描かれてるシェリーのカップにいけました。 少しだけアンニュイな雰囲気。 お隣にはマリーさんが送ってくださった手作りの石鹸を置いて。 モールドでかたどったきれいな形の石鹸は見ているだけで心を洗ってくれるような。 神…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more